【 ダウンロード 】

■募集要項

(PDF) (Word)

■応募用紙(フォーマット)

(PDF) (Word)

【 詳 細 】

■応募要件
(1) 映画・映像制作者(監督およびプロデューサー)による作品企画
(2) 提出する企画は、商業作品としての公開を前提とします。
(3) 日本語での応募書類作成およびプレゼンテーションが可能な方
(4) 過去に応募した方は過去の応募企画をブラッシュアップさせて再エントリーできます。

※ 監督およびプロデューサーの組み合わせによる応募が望ましいですが、どちらかのみによる応募も可能です。

■対象作品(次の要件のすべてに該当すること)
(1) 時代劇および歴史ジャンルの作品
(2) 京都府内で撮影を想定した作品
(3) 作品規模が提示できる作品

非公開のオリジナル作品を基本とします。権利がクリアされている場合のみ、原作も可能です。なお、続編、シリーズ物は対象としておりません。
公開とは、国内外を問わず、商業劇場での配給・公開、テレビ放映、DVD販売、インターネット上での配信などを指します。

■応募方法
募集要項をご確認いただいた上で下記の提出物を応募期間内に、書留郵便またはそれに準ずる送付方法にて、事務局までお送りください。応募受付を完了した作品企画については、事務局より応募用紙に記載されたメールアドレスへ受領の連絡をします。連絡がない場合は、お問い合わせください。また、内容に不備があった場合は受け付けることができませんのでご注意ください。

【提出物】
(1)応募用紙(様式あり)※必須
(2) 企画書(A4用紙6枚まで、氏名と作品企画タイトルを明記した表紙を含む)※必須
  ただし、ビデオコンテ(3分以内)を付けても構わない。
(3) 過去作品のサンプル映像(3分以内に編集すること)

(1)・(2) は提出必須です。(3)は可能である場合のみ提出してください。
(2)のビデオコンテおよび(3)をプレゼンテーション審査にて上映する場合、権利がクリアされていることをご確認ください。
(2)のビデオコンテおよび(3)はCDまたは DVDに収録し、破損のないように梱包して送ってください。
送料は応募者の負担とし、お送りいただきました提出物は原則返却いたしません。
運搬中の破損や紛失などの事故に関しては、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

■応募締切
2017年9月13月(水) ※必着

■審査方法
① 書類審査
応募作品企画について、事務局内に設置する有識者による選考委員が公正に書類審査を行い、5作品企画(予定)を選定します。選定された作品企画は、プレスリリース(公式HP http://kyotofilmpitching.jp)にて公表されます。また、全ての応募者へ2017年10月初旬までに合否結果をお知らせいたします。
※審査基準・審査結果に関するお問い合わせには一切応じることはできません。

② プレゼンテーション審査
書類審査で選定された作品企画は、10月29日(日)に開催される一般公開のプレゼンテーション審査にご参加いただきます。プレゼンテーション(1作品企画あたり10分以内)に対して、評価者より講評をいただき、優秀賞(1作品企画)が選出されます。
プレゼンテーションに際しては、イメージ映像とパワーポイント等のプレゼンテーション資料を準備していただきます。
なお、プレゼンテーション審査に参加する各作品企画の発表者は、10月28日(土)に京都でご宿泊いただきます。宿泊交通費については、1作品企画1名まで当事務局が負担いたします。

■授賞内容(パイロット版映像制作)
プレゼンテーション審査で選定された優秀賞作品企画に対し、350万円相当のパイロット版映像制作の権利を付与します。
完成したパイロット版は本編製作に向けたフォローアップをしていきます。

東映株式会社京都撮影所もしくは株式会社松竹撮影所のご協力の下、撮影を行うことを原則とします。
パイロット版映像制作予算は撮影協力を行う撮影所へ納入されます。
選定後の大まかなスケジュールは以下の通りです。

撮影準備   2017年12月
撮影期間   2018年1月~2018年2月
成果物納品  2018年3月中旬

■音楽・映像などの著作権
音楽、映像、小説、漫画など、創作した人以外の人がその著作物を利用する際には、著作権者の許諾が必要です。その音楽や映像、小説などを創作した人、もしくはその著作権を管理する団体の許可を得た上でご応募ください。許諾がない作品は、プレゼンテーション審査に参加する作品企画に選定されても、プレゼンテーション等、公表できない場合がありますので、必ずご確認ください。不備の上での事故につきましては、全て応募者の責任となります。

■映像使用について
優秀賞作品企画のパイロット版映像もしくはそれを基に制作された映画や放送番組等(以下「成果物」という)が公開される場合、受賞者は事前に事務局に申し出てください。成果物には事務局の指定するクレジットを入れていただきます。

「京都映画企画市 -Kyoto Film Pitching-」の応募者は、本募集要項を了承し同意した上で、応募用紙の署名欄に署名捺印して下さい。署名捺印のない場合は、審査対象になりません。

■お問い合わせ・応募先
特定非営利活動法人 映像産業振興機構(VIPO) 内
「京都映画企画市 -Kyoto Film Pitching-」事務局
〒104-0045 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル 2F
TEL:03-3543-7531
E-mail:kyoto.office@vipo.or.jp