【一般公開プレゼンテーション審査会】&【映画企画個別相談会】

プレゼンテーション審査の様子

○一般公開プレゼンテーション審査会

 10月29日(日)京都文化博物館別館ホールにて、書類審査を見事通過した5企画の代表者による、一般公開のプレゼンテーション審査を行います。優秀賞作品企画(1企画)には、350万円相当のパイロット版映像制作の権利が付与されます。
 当日は審査に先立ち、昨年度優秀賞を受賞された蔦哲一朗監督製作の『黒の牛』パイロット版映像の特別試写を行い、今後の作品企画の展開や活動について語ります。
 さらに、公開審査を担う評価者には、掛尾良夫氏(城西国際大学メディア学部招聘教授・副学部長)、熊切和嘉氏(映画監督)、吉川邦夫氏(株式会社NHKエンタープライズ 制作本部  エグゼクティブ・ディレクター)といった日本映画界で活躍する方々を迎え、それぞれ異なる立場・視点から、多角的な評価が期待されます。
 なお、一般公開のプレゼンテーション審査は、抽選で無料でご参加ご観覧いただけますので、プレゼン者に温かい声援をお願いいたします。
事前申し込み制となりますので、下記フォームからお申し込みください。(10月22日(日)締切)


「京都映画企画市」一般公開プレゼンテーション 一般観覧お申し込み

お名前(必須)
ふりがな(必須)
所属(必須)
メールアドレス(必須)

 

【開催概要】

開催日時:2017年10月29日(日)14:00~18:00終了(受付開始 13:30)
会場:京都文化博物館別館ホール
入場料:無料(事前申込制)
主催:京都府、特定非営利活動法人映像産業振興機構(VIPO)
共催:KYOTO Cross Media Experience 実行委員会
後援:経済産業省近畿経済産業局
協力:東映㈱京都撮影所、㈱松竹撮影所、㈱東映京都スタジオ、京都文化博物館、
   (一社)日本映画製作者連盟、全国映画教育協議会、(一社)日本映画テレビプロデューサー協会

評価者の紹介はこちらから

【プレゼンターと企画作品の紹介】(50音順、敬称略)

・金井純一(監督)『剣より拳-捨て身の猿虎-』
江戸時代後期。黒船の来航により、日本にスパラ(ボクシング)が伝えられ、人並み外れた拳を持つ二人の日本人が現れた。その名は、猿蔵と虎之助。二人は刀を持たず、己の拳だけで悪党を退治し、江戸を守り続けた。
剣と拳の戦い。拳一つで運命を切り開いた、二人の男の物語。

・柴田啓佑(監督)『アホンダラ行進曲』
江戸末期、阿保陀羅経の坊主に育てられた佐吉。夢は貧困な身分から脱却し、武士と成ること。寺で流行っていた「ラップバトル」に参加し、天覧試合で夢を叶えようとするが、うまくいかない。怒涛の修羅場をくぐり抜け、それでも挑戦することを諦めない日々。最後に一発逆転のバトルに挑むのだが…。

・谷本佳織 (監督)『冬牡丹と人魚』
両肩にコブのある弥助が恋したのは、見世物小屋で人魚として働く脚の不自由なお小夜だった――
「人魚姫」の物語が時代劇として復活。しかし、主人公は人魚ではなく人魚に恋する男。現代にも海外にも通じる普遍的な恋と葛藤が、江戸時代の見世物小屋という妖しく謎めいた世界で繰り広げられます。

・安田淳一(監督)『侍タイムスリッパー』
幕末の京都。長州藩士暗殺の密命を帯びた会津藩士新左衛門。いざ成敗と斬り結ぶ刹那、雷に打たれてしまう。目を覚ますと見しらぬ江戸の町。やくざ者に絡まれた町娘を助けると「カーット!」。怒鳴りながら詰め寄る異国風体の男。「何事⁈」訝しむ新左衛門。彼は現代の時代劇撮影所にタイムスリップしていた…。

・和田泰宏 (監督)『変り兜承り候』
戦国美意識の極み「変り兜」を作る甲冑師、岩井由岐家。関ヶ原以降開店休業中。新規顧客開拓と、京で幅を利かす「傾奇者」達に近づくも企みがバレて猛省。やがて大坂の陣の噂が流れ事態は好転、腐れ縁の傾奇者浪人から「敵を笑わせ殺す」変り兜の依頼が。試行錯誤した大作と浪人の晴れ舞台や如何に!

○映画企画個別相談会

第一線で活躍するプロデューサーがあなたの企画を指導いたします。
今回の応募者全員に加え、過去の応募者も参加可能!
温めてきた企画をブラッシュアップさせる貴重な機会をお見逃しなく!

【実施要項】

企画タイトル:映画企画個別相談会
日時:2017年10月29日(日)15:00〜18:00
会場:京都文化博物館 2F講義室
参加資格:2017年度「京都映画企画市」応募者ならびに過去の同企画応募者
    ※会場までの交通・宿泊費は参加者の自己負担となります。
応募方法:こちらのフォームから応募下さい。
締め切り:2017年10月22日(日)
※ただし、定員に達し次第申し込み終了となります。

【指導プロデューサー】(50音順、敬称略)

菊池 淳夫(きくち あつお)
東映株式会社 プロデューサー
1963年生まれ、福島市出身。1986年東映株式会社入社。1990年東映東京撮影所・製作部配属。「鉄道員・ぽっぽや」(1998)と「ホタル」(2001)を製作担当。その後、「半落ち」(2004)、「四日間の奇蹟」(2005)、「剱岳 点の記」(2009)(*プロデューサー・共同脚本)、「はやぶさ 遥かなる帰還」(2012)をプロデュース。2013年に東映本社・企画製作部に異動後、「妻と飛んだ特攻兵」(2015)(テレビ朝日ドラマ)、 「TAP -THE LAST SHOW-」(2017)をプロデュース。

久保田 傑(くぼた すぐる)
オフィス・シロウズ プロデューサー
1964年東京生まれ。90年、脚本『福本耕平かく走りき』で第16回城戸賞受賞。92年に同作品を監督。PV、CMの演出、今村昌平作品の助監督などを経て2000年からオフィス・シロウズに所属。主な脚本作品に『ヒロイン!』『絵里に首ったけ』など。主なプロデュース作品は『ごめん』『ホテル・ハイビスカス』『スクラップ・ヘブン』『やじきた道中 てれすこ』『キツツキと雨』『許されざる者』『モヒカン故郷へ帰る』など。

西ヶ谷 寿一(にしがや としかず)
東京テアトル㈱映像事業部 企画調整部プロデューサー
1970生まれ。静岡県出身。 明治大学文学部演劇学専攻卒業。2003年東京テアトルに入社し、新人監督の発掘と育成を中心に映画製作に携わる。主なプロデュース作品として、井口奈己監督(『犬猫』『人のセックスを笑うな』)、冨永昌敬監督(『パビリオン山椒魚』『パンドラの匣』)、沖田修一監督(『南極料理人』『横道世之介』)、熊切和嘉監督(『私の男』『ディアスポリスDIRTY YELLOW BOYS』)、真利子哲也監督(『NINIFUNI』『ディストラクション・ベイビーズ』)、岨手由貴子監督(『グッド・ストライプス』)、前田司郎監督(『ふきげんな過去』)など。
最新作は冨永昌敬監督『素敵なダイナマイトスキャンダル』(18)