時代劇映画の企画コンテスト「京都映画企画市 -Kyoto Film Pitching-」につきまして、去る10月28日(水)に京都文化博物館別館ホールで行われた公開プレゼンテーションを経て、厳正公平なる審査の結果、下記のとおり優秀賞作品企画が決定したのでおしらせします。

1.優秀賞作品企画・企画者
『大江戸キャノンボール』清水孝之(しみずたかゆき)[42歳/奈良県在住/映像ディレクター・プランナー]

2.企画内容
江戸時代におこった正室をめぐる家督争いにカーチェイス(レース)の要素を組み合わせた斬新な企画。

3.権利付与
優秀賞を受賞した清水さんには、350万円相当のパイロット版映像制作の権利が付与され、京都太秦の撮影所協力のもとパイロット版映像を製作予定。

4.評価
最新の空撮・移動撮影機材を使用し、これまでの時代劇にない疾走感を狙った点に期待。

5.今年の審査概要
・開催7回目となる本年度の京都映画企画市では、府外からの継続した応募が増え、書類応募の段階よりプレゼンテーションを前提とした完成度の高い企画資料が目立った。
・今回のプレゼンテーション審査会では、活発な質疑応答が行われ、発表者も制作実績のアピールを加えながら真剣な眼差しで受け答えをする、非常に見ごたえのある審査会となった。
・また、“オブザーバー”として現在一線で活躍される映画プロデューサーや大手映画会社の企画担当者を多数招き、現在のマーケットにおける企画の実現性や可能性についても多角的な意見交換を行った。

【開催概要】
主催:京都府、特定非営利活動法人映像産業振興機構(VIPO)
共催:KYOTO Cross Media Experience 実行委員会
後援:経済産業省近畿経済産業局
協力:東映㈱京都撮影所、㈱松竹撮影所、㈱東映京都スタジオ、京都文化博物館
U R L:http://www.kyotofilmpitching.jp/

■本件に関するお問い合わせ:
NPO法人 映像産業振興機構 京都事務所
担当: 髙田
TEL: 075-746-6216 FAX:075-746-6217 e-mail: kyoto@vipo.or.jp