◆ 令和元年度

■タイトル:『酢と油』
■監  督:熊谷 まどか
■プロデューサー:久保田 傑
■出  演:藤井 太樹 酒井 信吉 中村 美弓稀
■制  作:東映(株)京都撮影所

■ストーリー:
まるで酢と油のように相性の悪い二人の男が、江戸時代にタイムワープしてしまう。江戸時代でなんとか生き抜くために「酢と油と卵」と当時にもあった材料でマヨネーズを製造・販売し、お金を稼ぐことに成功するが・・・。
町娘との恋の鞘当てや、別れを経て、お互いに信頼と友情を育み、それぞれの生き方を見出していく過程を描いた青春SF 時代劇。

■企画者プロフィール:

tanimoto

熊谷 まどか (くまがい・まどか)
大阪府出身。同志社大学卒業。
京都を舞台にした短篇『はっこう』がPFF2006グランプリ 受賞。
2010年には 経済産業省『地域映像人材育成事業・京都 映画映像ルネサンスプロジェクト』で短篇『古都奇譚・秋』を制作。
「嘘つき女の明けない夜明け」(2008)、「世の中はざらざらしている」(2012)
「話す犬を、放す」(全国劇場公開・2017)等。


■スチル:


■撮影風景: